all

ホームページ制作

homepy 運用ノウハウ

WEBマーケティング

中小企業コラム

中小企業コラム

『伝わる』動画にするために

様々な企業がマーケティング戦略において動画の活用し、
昨今マーケティングにおける「動画活用」は急速に拡大し変化し続けています。
その一方で、「ターゲットに届いているのか?」「効果的な動画とは?」等、気になっている方も多いみたいです。
動画を活用し効果を得るために、動画制作時にもっとも重要な情報の方法と分類についてです。


「情報の価値」と「内容の難しさ」の2軸で分類する


「情報の価値」
話題性・時事性・独自性


3つから判断します。この3要素が含まれた場合「情報の価値が高い」といえるみたいです。
話題性:多数の人間に注目されている情報なのか
時事性:今しかない、今だけの、旬の情報なのか
独自性:今までにない斬新なアイディア、その商品だけの特長など

まずは「情報の価値」を考えて分類し、「内容の難しさ」でさらに分けることで整理できます。



各タイプごとの攻め方・ポイントについて



タイプ①【情報価値が高い&内容がわかりやすい】
ポイントはシンプルにやること。
話題性、独自性、時事性のどこに強みがあるかを考え、目立たせること。

タイプ②【情報価値が高い(低い)&内容が難しい】
当たり前ですが、とにかくわかりやすくすることが戦略。
情報を整理や補強して、視聴者が楽に理解できる流れに構築すること。

タイプ③【情報価値が低い&内容がわかりやすい】
既に世の中に知れ渡っているものが多い為、内容はわかりやすい。
分かりやすい簡単な動画を作るのではなく、そこに企画をプラスして、さらに情報をプラスすること。



【まとめ】


話題性・時事性・独自性が含まれると価値があることになるので、特徴を掴み、ターゲットに合わして作ることです!!




  List