経営情報学会2017年春季全国研究発表大会で研究発表
2017.03.21


JACKLISTは立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科の角埜恭央教授は共同研究で
“モバイルホームページのサービス特性と小規模事業者の特性が消費者の購買行動に及ぼす影響”
の研究を実施し、経営情報学会2017年春季全国研究発表大会で発表しました。
今回の研究は2016年度大阪地域の中小企業300社を対象にモバイルホームページを無料で製作し、モバイルホームページの有無によって消費者の購買態度に及ぼす影響を技術収容モデルをもとに研究を実施しました。
研究結果はモバイルホームページのサービス特性が有用性と知覚された使い易さに有意な影響を及ぼしており、中小規模事業者の特性が知覚された有用性には有意な影響を及ぼさず、知覚された使い易さにのみ、有意な影響を及ぼしているという結果でした。
つまり、中小企業の特性とは関係なく、モバイルホームページのサービスの特性だけでも消費者の購買行動に肯定的な影響を及ぼすものであり、 経営資源の限られた中小規模事業者こそ、消費者のために新たな広告手段になりうるモバイルホームページの構築が有効になるであろうと考えられます。

~ 角埜恭央教授の経歴 ~
京都大学工学部数理工学科卒業
京都大学大学院工学研究科修士課程(数理工学専攻)修了
筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程(企業科学専攻)修了
住友金属工業、マッキンゼー・アンド・カンパニー(日本・米国・韓国)
アクセンチュアを経て経営科学研究所を設立。
東京外国語大学客員教授
立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科の専任教員(現)


  List